会長ブログ

  • 社長ブログ
  • HOME
名古屋繁華街の飲食店の売却の相談
        愛知と三重に4店舗を展開する経営者の思い

お店を売却したいのですが、相談にのっていただけないでしょうかと
電話を頂いた。
早速、伺ってみるとまだ開店して3年3か月という。
その飲食店は設備も新しく女性客でにぎわっていました。

88坪122席の広い店内は開放的なオープンキッチンで、女性に人気のおしゃれ
なお店です。
社長は60歳そこそこの元気な方でした。
「実はこのお店を開店したことによって、既存の三重県のお店が手薄に
なりましてね、売上か゛下がって危機的な状況に陥ったので、名古屋の
お店を手放そうと思いますが。」

三重県には津と四日市に二店舗を経営しているが、名古屋にお店を始めた
ことで社長の住まいも名古屋の店に近い場所に移転。
津店・四日市店と少し離れた名古屋店ではなかなか管理がむつかしい。

重要な役割を担っていたお店の幹部3人が、内部のトラブル
で突然辞めてしまったから大変です。
何としてでもその店の売上を戻さないと・・・

そこで決断したのが名古屋のお店を売却することに踏み切ったのでした。
「私は60歳すぎたら第一線から退きたいと考えていまして」と社長。
60歳はまだ若いです。
しかし、全力で戦ってきたM社長は晩年はゆっくりと過ごしたい、
そんな人生観をもっていたのです。

決して名古屋のお店が繁盛してないわけではありません。
経営が順調なうちに売却を検討する
それが得策でもあるのです。
ダメになってからでは売却もままならないからです。
命がけでやってきたお店です。
好い方に経営を引き継いでもらいものです。







[PR]
# by hrconsul | 2017-06-09 19:26
コンサルNSP大阪集会でスーパーホテル会長が講演
       コンサルNSP9月集会大阪にて「スーパーホテル会長講演」

   朝晩は少しずつ秋風が吹いて涼しくなってまいりました。
   ご無沙汰しております。
   2月に買収した新事業の再建に超多忙で余裕のない日々を過ごしております。
   
   今回のNSP集会は9月10日(土)~11日(日)に大阪での開催でした。   
   大阪に事務所を持つNSPのメンバーが幹事となって、大阪を満喫しようと開かれた
   ものです。実は私も幹事のはしくれなのですが、大阪の街をしらない
   ものですから何もできずについていくだけでした。
   
   今回の大きな目的は、スーパーホテル会長 山本梁介氏の講演を聞くことと、大阪の
   街を満喫することです。コンサルNSPの定例集会は年2回実施しています。
   今年6月には、新潟にて不定期の会を開催し多くのメンバーが参加
   しました。
     
c0302053_18293916.jpg

            スーパーホテル会長 山本梁介氏
   創業者のスーパーホテル会長 山本梁介氏は
   船場の繊維問屋のぼんぼんとして生まれ家業を閉じた経験を持つ。
   「あの頃は家業を閉じようと何度も思った。
   そのたびに先祖に申し訳ない」という思いが頭をよぎり、なかなか言い
   出せなかったという。
   
   繊維問屋を廃業し、ウイークリーマンション経営からホテル業界に参入して
   今では、全国に約110か所を展開するスーパーホテル株式会社は、
   ITの積極的な活用により、破格の宿泊料金を実現し話題のホテルです。
   
   ホテル業界の非常識に挑戦し、客室に電話を設置せず、
   ノーキー・ノーチェックアウトシステムを導入。
   いろんな苦労を経験し、それを乗り越えた山本会長のお話は、
   素晴らしいものでした。

   そして、夜の食事は「鯨料理とハリハリ鍋の徳家」で美味しさ満喫です。
   久しぶりに鯨料理で大阪の食文化を満喫させて頂きました。
   法善寺横丁を散歩しながら、夜の道頓堀の雰囲気を味わいました。
   
c0302053_18311362.jpg

           NSPメンバーと前列左から三人目が筆者
   大阪と言えば「通天閣」に「あべのハルカス」何と言っても大阪の街を歩いたことの
   ない私ですからわくわくしてきました。
   大阪の街はどこも人並みで活気づいていました。
   どうやらインバウンドのお客様も沢山訪れているようでした。
   新しい街並みというより昔からの商店街ですが、懐かしいような独特の雰囲気に
   包まれて賑わっていました。
  
   なかでもとても驚いたのは、今でも秘密の店が何十件と連なっている場所が
   あることでした。
   昔の遊郭の後に出来上がった現代版の秘密の店のようでした。
   
   どこか雑然としながらも、懐かしい新世界もよかったですが、
   2014年3月に開業した、日本で最も高い超高層ビル”あべのハルカス”
   で大阪のまちを一望し、不思議な魅力を感じた二日間でした。
   
   株式会社HRコンサルタンツ  廣野 嘉代子

-------------------------------------------------------------------
[PR]
# by hrconsul | 2016-09-15 18:31
コンサルNSPの新潟集会に参加して
      コンサルNSPの新潟集会に参加して

    
c0302053_18363073.jpg

        コンサルNSPのメンバーとスノーピーク社前にて(前列左から3人目が廣野)

 ご無沙汰してしまいました。
 新たな事業を始めたことで、超多忙になってしまい、あっという間に一週間が過ぎていって
 しまいます。
 疲れ気味なこともあって新潟へのコンサルNSP集会は、体力がもつか心配しながら
 新幹線にのりました。
 
 新潟と言えば名古屋から新幹線で東京まで行き、東京から
 新潟まで、約6時間もかかるのですね。
 一泊二日の新潟集会ですが、前日の午後2時半頃名古屋を出発しました。
 
 途中、残念ながら曇り空で富士山は見ることができませんでしたが、新幹線のなかは
 ゆったりと快適でした。
 新潟に入ったころは夕焼けの時間で、茜色の夕日が
 田園風景を染め、シルエットになった山々が素晴らしく「アー来てよかった」
 と幸せな気分になりました。
 
 燕三条駅を降りた頃には、澄み切った空気の空に星がいっぱい輝いていました。
 こういう時に幸せというのは感じるものなんですね。 
 
 コンサルNSPというのは、日本商業立地プロジェクトチームの略で黒須靖之先生が
 昭和50年代頃に創られた、コンサルタント集団です。
 メンバーは北海道から九州まで各地にいまして、年2~3回集会を開いています。
 
 私はコンサルタントとして独立した当初にメンバーとなって、早25年の歳月が流れ
 てしまいました。
 街づくり・店づくりの商業コンサルタントとして独立した私は、やがてITの会社を創業し
 15年にわたり必死に生きてまいりました。
 
 そのITの会社も業界でも認められる存在となり、優秀な人材を得て事業承継を
 果たすことができました。
 
 いま、こうしてM&Aのアドバイザーとして仕事をさせて頂いている、不思議なご縁を感
 じています。
 でも、私の原点はこのコンサルNSPであることは間違いありません。
 懐かしいメンバーと年に数回会うこの集会は、私を元気にさせてくれる大切な場なのです。

株式会社HRコンサルタンツ  廣野 嘉代子

-------------------------------------------------------------------
[PR]
# by hrconsul | 2016-06-15 18:36
 | 

まずはお電話か、お問い合わせフォームにてお問い合せ下さい!

ご相談無料!お気軽にご相談ください TEL.0120-758-188 お問い合わせはこちら